歌人不動産

タイトルが短歌と化した不動産まわりのことを書くブログです

引っ越しのときにお世話になった人 元の場所には今はいません

赤錆のポストのアパートを借りることにしたときのメルマガが出てきました。当時のスタッフのかたは今は荻窪店にはいない模様です。ご参考程度に。

 f:id:masunobooks:20171209045106j:image

 

枡野浩一です。20160312(1794)その物件
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その物件は、たとえばこんなです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その後、
枡野書店をほぼ「からっぽ」にして、
もうひとつ安いアパートを近所に借りて私が住む、
ということはできないか夢想してる最近。

いつか紹介した物件「一直 1階」はまだある。【※現在は募集終了】
http://www.aeras-group.jp/ensenkensaku/station1/station-result1070/一直/room26456268.html 
「ずっと部屋にいる仕事なんだから、
もっときれいな部屋にしないとつらいよ」的な
親身のアドバイスをいただきましたが、
ここのよさは新宿に近いところですね。
好きな丸ノ内線もつかえる(私は丸ノ内線が好き)。
トイレがウォシュレットなのもよい。
物件の名前も実直でよい。
私は物欲が全然ないので(じつは枡野書店のあちこちに
すべて収納できているくらいの私物の少なさ!)、
狭くてもいいのです。

いま気になっている物件「ニューハイム阿佐谷 2階」。
http://www.aeras-group.jp/ensenkensaku/station179/station-result179120/��%8Bューハ%E3��ム阿�%BD�谷/room26095889.html
枡野書店の場所は、
「ホテル ルートイン東京阿佐ヶ谷」の裏なんだけど、
そこからだとけっこう距離ある。
雨の日とかの移動が大変かしら。
階段の青色や、
玄関の床の模様、
ロフトの変な配置など、
自分がそこで暮らしているイメージがわく。

「メゾンドアンジェ 6階」。
http://www.aeras-group.jp/ensenkensaku/station16/station-result4175/メ%E3��ンド�%82�ンジ��%A7/room26870524.html
これはJR阿佐ヶ谷に近い。
6階だけどエレベーターがないとかなのかな?
無難。

「レジデンスすみれA棟 2階」
http://www.aeras-group.jp/ensenkensaku/station179/station-result179115/��%ACジデン%E3��すみ�%82�A棟/room22952332.html
となりまちの新高円寺、徒歩8分。
新高円寺は今も自転車でよく行く。
以前住んでたから勝手もわかる。

街の不動産屋の間取り図も見てしまう。

f:id:masunobooks:20171211090548j:image
【※私が実際に借りた家賃四万の部屋の間取り図】
っていう物件は、
ずっと掲示されてるけど、
ずっと借りられてないのか。

www.instagram.com


南阿佐ヶ谷17分って、どんだけ遠いんだろ。
ほかに最寄駅はないのか。

 

 

 

枡野浩一です。20160318(1800)アパート決定!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アパート決定しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
敷金礼金が必要ない物件をさがしていて、
敷金礼金は結局必要になってしまったが、
初期費用はぎりぎり予算内でした。
風呂ありの中では最安値くらいの家賃。
まあ狭いし凄く古いんだけど、
面白い古さで自主映画の被写体に良さそう。
新品のころは瀟洒な建物だったんだろうなー。
押し入れがあり、
ベランダに物が置けそうなところもよい。
間取りも実物を見ると不思議な印象。
もっと新しくて実用的な物件も見たんですが。
自分がそこにいるイメージがわくかどうかで決めました。
大きな明るい公園と図書館が近所。
枡野書店からは徒歩8分です。
ほんとは五月からでよかったんだけど、
四月一日から借りることに。
これで枡野書店のスペースが増えます。
枡野書店、
曜日ごとに毎週イベントを計画していて、
春から水・木・金・土は埋まりそうです。
日・月・火で何かやりたい方いたらご相談ください。
日曜日は自分で何かやろうかな。

アエラ荻窪店、
話が早くて感じのいい不動産屋でした。
貧乏人の味方。

スタッフ紹介 | アエラス荻窪店
担当はSさん、
車で案内してくれたのはFさん。
Fさんは実家がこのへんだって。

 

 

 

【※現在、毎週月曜日の枡野書店は、夜の図書室。土曜日午後、日曜日、火曜日に利用したいかたはお問い合わせを!】

f:id:masunobooks:20171211091152j:image

 f:id:masunobooks:20171211092426j:image

 

 

なおメルマガは手動配信で毎日出しています。

 

 

 

日本ゴロン

日本ゴロン

 

 新高円寺時代に書いた本。